FC2ブログ

DELE

なんだか慌ただしい日々を過ごしております。
というのも、この期に及んで、自分を追い込んでみました。
Mではありませんが・・
DELE というテストを受けることにしました。
Diplomas de Español como Lengua Extranjera
というのが正式名称ですが、外国語として使っているスペイン語の検定試験
というような感じです。

もともとスペイン語は5年ぐらい前から細々と勉強はしていましたが、
このコロナ下で、そこそこ時間もさけるようになったおり、
SNS上でこの試験を受けた、受かったとかいうのが結構上がってました。
そこで、一発奮起して受けてみようかと思ったのですが、
やはり、本格的にやり始めると、いろいろと勉強しないといけないことが
たくさん出てきます。
特にしゃべること。

口頭試験もあるので、大変です。
1つは与えられたテーマの中から1つ選んでそれについて3分以内で話すこと。
2つ目は写真をみてその説明や考えられることを3分以内で話すこと。
3つ目は1つのテーマについて、それぞれ違う意見という設定で試験官と
メリット、デメリットを述べて、最後はいい提案をするというもの。

読む、書く、聞くはなんとか自分一人でも勉強できますが、
この口頭というのはなかなか一人ではできません。
それでも、とにかく口に出して話すようにしているのですが。
果たしてどうなることやら。
あと40日ぐらいなんですが、不安でいっぱいです(笑)
スポンサーサイト



歯は大切に

今年は桜の見ごろが早いのか、そこここで満開状態。
今夜があれるので、今日までが見ごろになるのでしょうか?

じつは、少し前から向かって左下の奥の歯茎が腫れておりまして。
痛みはそれほどないのですが、そこから見て腫れているのが分かるぐらい。
なんとか時間を取っては医者に行ってみてもらいました。

結果、奥歯の付け根に穴が開いており、そこに菌が入り込んで炎症を起こしていると。
なんとか抗生剤をのんで、腫れは収まりましたが、思いのほか穴が大きいらしく、
今後としては、抜くしかないと・・・
まあ、覚悟はしていましたが。

で、問題はそのあとです。
3つあって、ブリッジといって前後の歯をつかってかぶせてしまう
もう一つは入れ歯
最後はインプラント。

で、現状の状態から見れば、ブリッジでも行けそうだけど、前後の歯を削ることになり、
今後どれぐらい持つかは手入れ次第。
一番おすすめはインプラントだけど、金額は35万!ぐらい
ひょえ~
それに1年近い日にちがかかるらしい。
もちろん、手入れは必要だけど、持ちはいい。

はー悩ましい。
残りの人生を考えるとインプラントかな。

日ごろの行いが悪いと高くつきますね。反省。

春だ

今週末、こちらは暖かくいい天気でした。 あ、土曜は雨も降ったか。
でも1月や2月の様な寒さはもう来ないでしょう。
あーいいな。

20210315090847034.jpg

近所のアマナももう最盛期。
かれこれ10年近く追いかけてますが、いつもより1週間ぐらい早いかな。
周りにはスミレもたくさんさいていました。

なんだか、先が見通せない時が長く続いていますが、
こういうの見ると、例年の繰り返しの大切さというか、
平凡の繰り返しって、それはそれで大変の物なんだなー
と思ったり。
そういえば、イヌノフグリも見に行かないと。

20210315090845750.jpg
夕方もとても和やかな日でした。

書庫整理

市の図書館がシステム変更ということで長期に閉まるので、
いくつか本を借りに行きました。

入り口には「書庫整理のため、ご自由にお持ちください。」とかかれ、
いくつかの本が置かれていました。

古本屋巡り感覚で、つい見て回るのですが、大抵興味がないものばかり。

でも、今回はいくつか面白そうなものがありました。

20210307101253872.jpg

さて、どんな内容なのか?
5月にスペイン語の試験があって、本なんか読んでられないのにな~

ヤマコウバシ

先日、ブロ友のTORUさんがあげられていたヤマコウバシという植物。
東北南部から九州までの、落葉樹林の林床などでみられる低木なんですが、
すべてクローン!!!だということが分かったそうです。
マジか?!
大阪府立大学や東北大学などの発表ですが、地味だけどすごい。
ってか、今の分布をどうやって広げたのか?
いや狭くなっているのかもしれませんが、とにかく疑問がわいてくるのですが、
研究って面白いな~

唐突に

結局、あまりに天気いいし、頭痛もなくなったので行ってきました。

当初は50km越えを目指していたのですが、無理。
それは長すぎます。

歩けばよかったのかもしれませんが、ついというか
かかる時間が長すぎて飽きるのではと思って、
ゆっくりと走っていきました。

けど、歩くよりちょっと早いぐらいかな。
30kmあたりまではなんとか行けてましたが、それを過ぎると
もう、歩き。

いや~つかれました。
50kmってやっぱりすごい!
今晩は消費カロリーを取り戻すか思案中です。
20210221184744011.jpg

延期

いやー寒かったです。
先週木曜日はまたまた大雪でした。
今回は写真も撮ってないですが、前回1月の時より量は少なかったですが、
みなさん油断していたのでしょうか、道路上で止まった車がたくさん。
私も、今回はチェーンをまく余裕はなく、スタッドレスタイヤをはいた
友人にのっけてもらいました。

で、本日は一転4月なみの陽気だということで、暖房なしです。
もう、どうなってんだか。

実はブロ友の方が1日フルウォークというのをやっていて、
いつかチャレンジしたいとおもい、今日かとも思い準備をしていたのですが、
昨日から頭痛が。
今朝の体温も35度台でとりあえず味覚も臭覚も正常で変なのは頭だけ。
でも、とりあえず、今日は様子を見ることにしました。

自分がどれだけできるんだろう?この年で?
いつかはチャレンジしたいですね。

@

再び荒れた天気ですね。ひどくなければいいのですが。
地震も心配です。

で、最近、話題になっている女性問題。
私は男性ですので、正直、真に感じ取れるまで
問題の深さを理解しているのか?と言われると自信はありません。

とは言え、娘もいるので、いろいろな立場を考え想像し
よりよい世界になって行ければと思っています。

所で、スペイン語の世界でも。
ご存知のように、スペイン語では単語に男性、女性があります。
他にもある言語もあるとは思いますが、今回は知っているスペイン語について。

例外もありますが、
一般的に最後がOで終わるのが男性、Aで終わるのが女性です。
例えば人の名前でも
Patricioは男性
Patriciaは女性 などです。

で、複数の時なんですが、これがちょっと難しい。
例えばEveryone 皆さんというのは、男性のみの場合と混在の場合は
Todosなんですが、女性だけの場合のみTodasなんです。
冠詞でも単数男性はel 単数女性はlaですが、
複数だと男性だけもしくは混合や不明の時はLosで女性だけの時がLasです。

で、この女性だけの時に変わるというの、文法であり、決まり事でもあるので
そうするしかないのですが、やはり最近いろいろと思う人がいるのでしょう。
特にWeb上では変化がみられるようになりました。
oやaを@に置き換えるのです。
例えばL@s とかTod@sとか。
最初は何のことか?と思いましたが、いろいろと考えているんだなと。

この、言語に性別があることについて、当の母国語者に聞いてみたいとも
思うのですが、そこまで突っ込んだ会話についていけるかどうか。
まだまだ勉強しないといけません。

ちょっと絵でも

肌寒い日でした。
1日中すっと薄曇りで気温が低かった。

木曜日の休みというのは、なんだか得をしたような気もしますが、
途中で中折れしてしまったみたいに、明日の金曜日、仕事に行く気がしない^^;

は~

ということでもないですが、市の美術館で面白そうな企画があったので行ってみました。

20210211183644030.jpg
植物を描いた絵というのはそれこそたくさんあるのでしょうが、
その中でも実物にそった精密画というのが、あります。
そう、図鑑にでている、あの絵です。
有名どころでいえば、牧野富太郎でしょうか。
牧野富太郎の絵はいろいろと分解した状態の物があって本当に分類に即したものですが、
高島の絵は全体を細かく描いたものが中心です。
彼は当時の農務省、今の林野庁にはいって全国の山々を調査しました。
おそらくその時見た植物を描いたんだろうおもうのですが、細かいです。
私は観察するのは好きですが、絵を描くのは全くだめなので、ただただすごいなと。
それよりも、そんな時代に槍ヶ岳や屋久島とか行ってたことの方がすごいなと。
当時はどんな感じだったのでしょうかね?

その他、植物や自然に関する絵や写真などの展示が。
個人的にはもう少し、植物に突っ込んでほしかったかなと感じましたが、
まあ、それはそれ。
彼が晩年よく行ったという長門峡、今度行ってみようと思います。

今日の本 1643

今日は本シリーズですが、音楽関係なので、音楽ネタで。

20210206221000176.jpg
細野晴臣と彼らの時代 作:門間雄介

私が初めて細野晴臣さんの曲を聞いたのは中学のころ、もう40年以上前(笑)
当時、音楽の情報を仕入れるものといえば、ラジオ、特にFMをよく聞いていました。
といっても聞けたのはHNK-FMとFM福岡の2局。
特にHNK-FMの中で夜にやっていた音楽番組、
あのRockin’On編集長がった渋谷陽一がやってたサウンドストーリトという番組です。
かれは主に洋楽中心なんですが、たしか曜日によって変わっていたなかで
森永博?というひとがやった特集で、はっぴーえんどの特集があったんです。
とにかく、日本のロックの中でも飛びぬけて素晴らしいということで。
その中で時に印象的だったのが、「風をあつめて」と「夏なんです」
あの、歌詞の情景と曲から感じる虚脱感みたいなのが恐ろしいぐらいマッチした感じは
ゾクッとして、今でも印象に残っています。

そんな心に残る印象を残してうちにブームがくるのがYMO。
そう、その細野晴臣さんが入っているんです。
なんなの?この違いは?不思議でした
が、どちらかというとあまり好みでなかったので、そのままだったのですが。
そのうち、細野さんの名前はあまり聞かなくなりました。
そんな時代時代の流れを詳しくまとめられたいます。

あ~そうだったの。と改めて理解できた感じです。
それにしても、細野晴臣さんたちの時代って、
それこそ、今の日本の音楽シーンのなかで、とてつもなくすごい人たちがほとんどみんな
顔をあわせている感じで、すごい時だったんだなと思いました。

最近はまた、私好みの音楽を演奏しているみたいなので、
ライブができるようになったら、行ってみたいですね。

FC2カウンター

プロフィール

el_desvios

Author:el_desvios
頑固オヤジ
Escribo las cosas misceláneas todos los días.

最新コメント

カーリル

本の検索できます。

検索フォーム

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

Copyright © el_desvios