FC2ブログ
 INDEX    RSS    ADMIN

豚骨

お盆の休み中、子供たちの従妹がやってきました。
わが子とは全くタイプが異なるのですが、何となく一緒にいます。
会話するでもなく、一緒に遊ぶでもなく。
最近の男の子ってこんなのでしょうかね?

家にいてもつまらないので、どこかへ行こうと相談するも、なかなか決まらず。
映画、博物館、本やCDショップなどなど。どれもいまいち指触が動かないようです。

で、出た案が「ネックレスを買いに行きたい」

まあ、わが子はそんなことみじんも思わない、というかそういう発想は出てこないだろうな。
なにせ、この親だし(笑)

で、小倉に行ってみました。
そこで、いくつかのアクセサリーがあるところを見て回り、何とかいいのがあったようです。

まあ、こういうにはほかの人にはなかなか分からないもんですね。
ごめんなさい。

で、お昼は、駅前商店街の中にあるラーメン屋へ



The 豚骨。でもこれはちゃんぽんです^^
まあ、スープはラーメンも一緒でした。
しっかりした豚骨で、ただ塩辛かったり、調味料の味ばかりでもなく
こってり感たっぷりでした。



メニューに描くだけありますかね。

途中、小倉市内を流れる紫川沿いにある
水の環境館に。
ここは川の中が見れるようになったガラス張りがあったり、ちょっとした時間を過ごすにはいいところです。


これはトビハゼ。いいな~
スポンサーサイト

今日の本 1616 1617

久々の本です。
お盆の間に借りられたので読み切りました。


「十五の夏 上下」 作:佐藤 優

ご存知の方には説明はいらないかと思いますが、
この本の著者はかの、鈴木宗男議員の事件絡みで有罪になった方です。
まあ、犯罪人になるのでしょうけど、ちょっとただの罪びととは違うと思います。
切れ者過ぎたからだったのでしょうか?
まあ、その辺については私はあまり興味なく、へーそーなのぐらいなのですが、
この人の知識というか勉強する姿勢や物事の整理力、記憶力には、ただただ感心するばかりです。
本当に本当?って思ってしまうぐらいの記憶力。

そんな人が15歳のころ、一人で東欧諸国を旅した時の紀行書です。
なぜ故東欧?とも思うのですが、彼なりの理由があったんだなーと思いました。
ただ、西ヨーロッパ諸国に比べ旅の困難さや制限などはかなり厳しいと思うその時代に
その年で行ったのには、素晴らしい経験だなと思います。
それゆえ、900ページ近い本もあっという間に読み切ってしまいました。

願わくは、今、まさにその世代である息子などによんでほしいなーと思いましたが、
想像通り、まったく興味なし。

若者、頼む^^

お盆

相変わらず、暑い日が続いていますね。
お盆に入って、道路はすいていますが、
観光名所に向かう道は・・・



今年のお盆は、かみさん、娘、じなんがかみさんの実家へ行ったので、
長男と男二人生活、怠惰に過ごしております(笑)

効果

しかし、暑いですね。


外気温が暑いせいか、これでもとても涼しく感じます(笑)

我が家はSだと分かりました。いやMか?
まあ、そんなことはどうでもいいか。

6月末に落ちた雷の被害。
やっと修理ができました。
トイレも正常に使えるようになったし、給湯器も正常になりました。
まだ、太陽光発電と床暖房という大物が未定なんですが。

こう日照りがいいと太陽光発電の分がもったいないな~と思いますが、
今回の件で、あまり電気に頼りすぎると壊れた時にはないもできなくなってしまうのだなと感じました。
電気って、特に最近の電気機器はとにかく壊れると手が付けられません。
もう、専門家に頼むしかなく、その専門家も部品取り換えるくらいしか。

もっと、物理的な原始的な仕組みの方が、いざというときにはつぶしが効くというか
素人でもなんとかなりそうです。

そういう意味では、体鍛えとかないといけませんね。
涼しくなったら^^

Caminando en la oscridad

なんだか慌ただしい日々が続いております。
最近は11時を過ぎると
猛烈に眠たくなり、子供たちより早く寝たり(笑)

時々暗闇の中を歩いてます。
これが結果すっきりします。

月だね

暑い日が続きますね。
今週は怒涛の様な日々が過ぎ、やっと週末です。

子供たちはアニメの映画見てますが、
私は一人窓の外ほ、ボォーと。

今夜は部分月食だそうな。
多分寝てますが(笑)

みなさん、ご自愛ください。

おしり!

今日、何気なく子供たちが見てるテレビ見てたら
なんと、おしりたんてい じゃないですか!
しかもN○Kさん。
やるな~

でも、動くとちょっと・・・

涼み

暑い日が続いてますね。
なんだか、もういい加減笑うぐらいしか手立てがないような。

そんな海の日、下関では水泳大会が開かれます。
一応、市民対象なので、時に一般人も出ますが、ほとんどが小中高校生。
で、午前中は引率兼応援に行ってきました。

もう、とろけそう^^

一応、日陰もあり、風もそこそこ吹いていたのですが、暑かった。

娘たちの泳ぐ姿を見ていたら、私も水に入りたくなってきました。
大会が終了後、娘たちは友人たちとプールで遊んで帰ることになったので、
私はとりあえず、家に帰り、出かけました。

粟野かわ
毎年、1回は来ている川。
出るのが遅くなったので、4時ぐらい。

ながれ
やっぱり、最高。
水温も、ちょうどいいぐらいです。

でも、この川、今年に入ってから上流で護岸工事などがあり、かなり土砂が流れています。
どうなんだろう、その工事?
特に、この辺りは川の上流部でもあり、人工護岸も特に少ないいい雰囲気の川です。
最も、この堰を作った時も相当大きな工事だったんでしょう。
時がたてばまたもとの澄んだ川になるのかな?
それまでの状態が大切ですね。
ここだけではないですが、こういうどこにでもあるような普通の川が
少しでも残ってくれると嬉しいです。

はぜ?
以前はたくさんいたドンコが今回は見れませんでした。
どこに行ったのだろう?

代わりに、小さいですが、ひょうきんなハゼの仲間。
縄張り這ってたのか、こちらに向かってきました。

にごり

水も何となく小さな濁りが多く、奥まで見えません。

オヤニ

ただ心配していたオヤニラミはしっかりいました。

これからも見に来たいと思います。



あつ

暑いですね。
みなさん、それぞれで、思う事をやられてるとは思いますが、体調管理はしっかりしましょう。


子供の水泳の試合に来てますが、

私も泳ぎたい(^_^)

生き物の事情

この度の大雨、大変なことになりましたね。
こちらでも相当降りましたが、何とか大きな被害は出ることはなく通り過ぎました。
が、山口より東の方では尋常ではない被害が出ているようです。
皆さんが無事であることをお祈りしています。

で、やっと雨が上がった土曜日。
いままで確認していなかった、恒例のカブトエビを見に行ってきました。

実は6月中旬にも行ったのですが、まだ水も貼られていなかったので、
頬ったらかししていたのですが、こんな時期になってしまった。
で、行ってみると・・・


なんと、今までたくさん確認していた3枚の水田のうち2枚が放棄されていました。
一見、いろんな生き物がいそうで、確かにホウネンエビや水生昆虫などいるんですが、
カブトエビはいません。なぜなんだろう?放棄されるとだめなのかな?



しかし、もう1枚では田植えされていましたが、いませんでした。
去年までは、これぐらいの時はいっぱいいたのに。


カブトエビがいれば、底を這いつく回って水が濁るのですが、今年は全く澄んだまま。
農薬でも入れたのかな?


で、最後の1枚、ほとんど2枚目と同じ状況でしたが。



いました。この時期にしては少し小さいか?
でも、よく見るとそこそこいました。



この田んぼを見つけるまではずっと見に行っていた田んぼはこんな状況です。
これで2年続きの放棄。今後はどうなるんだろう?

貴重種でもなく、日本の固有種でもなく、普通種ほどはいないけどいるところにはいるという、変り者。
人が恣意的に持ってきたわけではなさそうなので、自然移入とは思うのですがはっきりはしてないようです。
かつてはいろんなところで見られたと聞きますが、今はなかなか見られないようで、
その原因は多々あるでしょうけど、人間の事情によるところが多いのは
発見された1900年当初とはかなり時代が変わってきたことの現れなんでしょうね。

それだけ人を取り巻く自然や環境が変わっているということでしょうか。